視力矯正と視力回復手術の情報館

視力矯正の方法や、レーシック手術など、視力回復の情報を公開しています。

視力の矯正をお考えですか?

「視力矯正と視力回復手術の情報館」へようこそ!

視力の矯正とは、たとえばメガネやコンタクトレンズなどの眼科矯正器具の力を借りて、とりあえずよく見えるようにする方法です。

じつはレーザー角膜矯正手術であるレーシック手術も、視力矯正の仲間です。ここを勘違いして、レーシックは視力回復だと思っている場合が多いですね。

そのほかオルソケラトロジーという視力矯正法もあります。これは睡眠中にハードコンタクトレンズをつけることで、朝起きたときに視力がアップしているという眼科矯正治療。

オルソケラトロジーは視力回復コンタクトともいわれますが、これも視力の矯正のなかまです。

視力矯正というのは、近眼の状態をそのまままにして、外部の力を借りて、とりあえず視力を改善する方法なわけですね。

それに対して、視力回復というのは、目の筋肉を復活させる方法になります。近視の目は、ほとんどが毛様体筋や外眼筋が緊張しており、こり固まっています。そこでこういった目の筋肉を鍛えたり、ほぐしたりすることで、視力を回復できるのです。

自分の目の力だけでものを見るか、外部の力を借りるか、という違いですね。

レーシック手術は、一見裸眼のように見えますが、実はメガネやコンタクトレンズと同様の原理です。

レーシック手術では、エキシマレーザーを照射して、角膜中央部を削りますが、これはまさに凹レンズの形です。凹レンズは、中央部に行くほど薄くなり、はしに行くほど厚くなるという性質があります。

近視用メガネも、このような形になっています。 もしメガネをお持ちなら、確認してみてください。反対に遠視用メガネや老眼鏡は、中央部に行くほど厚くなり、はしに行くほど薄くなっています。凸レンズになっているからです。

さてこのようにレーシック手術では、角膜に眼鏡と同様の役割をさせるのです。いってみればメガネのレンズやコンタクトレンズのミニチュアを角膜に埋め込んだような感じでしょうか?

視力の強制には、フェイキックIOLのように、目のなかに埋め込むタイプのものもあります。

>> あなたの視力を回復させるトレーニング方法とは?
子供用の視力回復教材はこちら

目 よくなる 視力低下の予防 目を良くする方法 視力訓練法の研究サイト 視力0.3からの近視回復 視力回復を自宅で

視力の矯正や視力回復について