視力矯正と視力回復手術の情報館

視力矯正の方法や、レーシック手術など、視力回復の情報を公開しています。

サイトトップ > 眼科の視力矯正〜メガネやコンタクトレンズ

眼科の視力矯正〜メガネやコンタクトレンズ

眼科の視力矯正について解説します。

眼科の視力矯正というと、だれもが真っ先に思い浮かべるのはメガネでしょう。次にコンタクトレンズですね。

眼科では少しでも視力が低下すると、メガネを処方します。
それは近視は基本的には治らないものである、という認識が眼科医にあるからです。

しかし仮性近視にたいしては別で、ミドリンやサンドールといった点眼薬を処方することもあります。これは散瞳薬といって、瞳孔を開くための目薬です。そのため点眼後は、光が多く網膜に当たりすぎて、まぶしく感じます。就寝前に点眼するといいでしょう。

しかし視力回復目薬は、たいして効果が期待できません。
まれに仮性近視(偽近視)が改善されることがあるだけです。ましてや、かなり近視が進行している場合は、この点眼薬で近視が改善されることはないでしょう。

じつはレーシック手術も、眼科の視力矯正になります。
レーシック手術をうけて視力が回復すると、裸眼でも視力1.5、視力2.0と見えるようになるため、目が治ったと思いがちです。

しかし目の内部を見れば、じつは松葉杖をしていることと一緒なのです。レーシック手術では、角膜中央部を削りますが、これは近視用メガネの凹メニスカスレンズと似たような形になります。

つまり角膜にメガネと同様の役割を持たせているわけですね。
角膜の形を調整することによって、網膜の手間で結んでいた焦点を網膜上にまで延ばすわけです。これは睡眠中に視力矯正するオルソケラトロジーでも同様です。

このように眼科の視力矯正法は、近眼の目の状態を放置して、目の表面だけを操作しているので、近視が原因の目の病気には注意する必要があります。

近視の目は眼球が楕円状に伸びているために、網膜が薄くなっています。すると網膜に穴があく網膜裂孔や、やぶれる網膜剥離の危険があるわけです。

そのほか正常眼圧緑内障、黄斑変性症、近視性の白内障などがあります。レーシック手術をうけたからといっても、安心できないわけです。

視力矯正の方法とは?一覧