視力矯正と視力回復手術の情報館

視力矯正の方法や、レーシック手術など、視力回復の情報を公開しています。

サイトトップ > 視力矯正グッズで目はよくなる?

視力矯正グッズで目はよくなる?

視力矯正グッズといえば、ピンホールメガネや3Dのイラストを楽しめるマジカルアイなどがあります。

ピンホールメガネや視力アップアイグラスといった視力矯正グッズは、ひとつ持っていると視力回復へのモチベーションを保つのに役立ちます。

視力矯正グッズの考え方として、視力回復トレーニングを組み合わせるとよい、ということがポイントです。つまり無料でできる視力回復トレーニングとグッズを組み合わせることによって、相乗効果が期待できるというわけですね。

視力矯正グッズ単体で、目をよくすることは難しいので、あくまでもメインの視力回復訓練を補佐する位置づけです。

ピンホールメガネは小さな穴がいっぱい開いている器具です。これをかけていると、毛様体筋を使わなくてもいいので、目の疲れをとることができます。日ごろ疲れ目がある人は、目を休めることができるので、眼精疲労の解消になります。

そのほか視力矯正グッズであるピンホール眼鏡をかけていると、近視・近眼であっても遠くを見ることができるようになります。遠視や乱視、老眼でも有効でしょうか。

こういった視力矯正グッズを活用すると、レーシック手術をうけなくてもいいので重宝します。もちろんメインの視力回復トレーニングと並行して使うことが大前提ですが・・・。

3Dのマジカルアイは、交差法や平行法といった目の使いかたをして、平面のイラストを眺めると、立体的に絵が浮きできています。写真の場合もあります。こういった視力矯正グッズを見る習慣がつけば、勉強や読書の合間に見ると、気晴らしになり、ストレス解消になります。

視力矯正グッズのなかに、視力矯正器具や視力回復機を含める考えもあります。これは、どこまでがグッズかということは、人それぞれで判断が異なるためです。

視力矯正グッズには、アイマスクのようなタイプもあります。
これは外見上はふつうのアイマスクですが、遠赤外線を発する素材を内蔵していたり、何層にも重なっていたり、天然鉱石が埋め込まれていたりします。それによって、目を温めることができるわけですね。

目をあたためることは、目に蒸しタオルをあてることと一緒で、目の血行がよくなります。ただし視力矯正グッズであるアイマスクのほうが、手間がかかりません。

以上のような視力矯正グッズを活用して、あなたの視力回復トレーニングの励みにするといいでしょう。

視力矯正の方法とは?一覧