視力矯正と視力回復手術の情報館

視力矯正の方法や、レーシック手術など、視力回復の情報を公開しています。

サイトトップ > 矯正視力の検査〜眼科での検診で片目ずつ

矯正視力の検査〜眼科での検診で片目ずつ

矯正視力の検査は、眼科に行くと、簡単にやってもらえます。

通常、目の検査というと杓文字のようなものを片目にあてて、測定する光景が目に浮かびますね。

眼科で目の検査をするときは、両目の視力とともに、かならず片目ずつ視力検査を行います。これは片目だけ視力が低い不同視(がちゃ目)の場合もあるからです。両目になると脳の両眼視機能が働いてよく見えてしまうのです。

人間の視力というものは、片目で見るよりも、両目で見たときのほうが、やや視力がアップします。これは左右の視覚情報を参考に脳が補正してくれるからですね。

目医者に行って矯正視力の検査をするときは、少数視力表を使います。欧米ではスネーレン試視力表をつかいますが、日本では独特の方法で目を測定するのです。

矯正視力の検査は、まず裸眼から測定します。両目、次に片目ずつですね。

そのあとに、ようやく矯正視力をはかります。
この場合、いろいろな丸い眼鏡をつけて、視力1.0が出るかどうか検査します。眼科では矯正視力1.0がでれば、正常な目とみなすからです。

これがたとえば弱視だと、たとえメガネやコンタクトレンズを装用しても、視力1.0がでません。子供のころ斜視や遠視性弱視が原因で脳の視覚野の発達が途中でとまってしまったり、網膜などの器質的な疾患によって、視力がでないのです。

矯正視力の検査をするときは、手持ちの眼鏡をかけて測定もします。このとき少しでも視力が低下していると、すぐにメガネレンズの度を上げようとする眼科専門医がいるので注意しましょう。

こういった指示にその都度従っていたら、あなたは眼科検診に行くたびにメガネの度が強くなり、急激に視力が低下していきます。

裸眼視力の検査は、オートレフラクトメーターという機械を覗いたり、空気をふきつけて眼圧を簡単に検査したりできますが、矯正視力の検査は、メガネレンズをかけてしか調べることはできません。

メガネレンズを入れ替えて、これならどうですか?よく見えますか?と聞かれるものですが、とくに変わらず答えに困ることもありますね。乱視でも放射線の濃さを聞かれますが、判断はむずかしいかもしれません。

メガネレンズをつけて、矯正視力の検査をするときは、勘でランドルト環の向きを答えてはいけません。正確なメガネを作れないからです。少しでも見づらかったら、読めません!と答えたほうがいいと思います。

車の運転免許では、左右それぞれが裸眼視力0.3であり、かつ両目で裸眼視力0.7以上が必要です。この三つの条件が欠けると、受かりません。車を運転している人は、しっかりとやや高めの視力がでるようなメガネをつくってもらいましょう。

視力矯正の方法とは?一覧