視力矯正と視力回復手術の情報館

視力矯正の方法や、レーシック手術など、視力回復の情報を公開しています。

サイトトップ > 視力矯正トレーニングとは?〜眼筋トレーニングなど

視力矯正トレーニングとは?〜眼筋トレーニングなど

視力矯正トレーニングについてお探しですか?

視力矯正というと、厳密にいえば目の筋肉を復活させるのではなくして、メガネやコンタクトレンズを装用して、視力を補助する、という意味になります。

ですから正確には、視力回復トレーニングということになりますね。しかし言葉のニュアンスの問題なので、ここでは一貫して視力矯正トレーニングということで解説します。

視力矯正トレーニング法を探しているということは、近視でお悩みでしょうか?あるいは老眼かもしれません。

いずれにしても、目の筋肉を再訓練すれば、視力は回復するものです。目には三つの筋肉があるのをご存じですか?

遠近調節を行なっている毛様体筋、明暗調節を行なっている虹彩筋、眼球を動かしている外眼筋です。

このうち視力回復に効果が高いのは、毛様体筋と外眼筋を鍛える視力矯正トレーニングです。

毛様体筋を鍛える、つまり運動させるには、遠くと近くを交互にみることです。これによって毛様体筋のコリがほぐれて血行がよくなります。そうなるとピントフリーズ現象が解消され、遠くを見ることができるようになるのです。

外眼筋を鍛えるには、目をすばやく動かすことです。
たとえば速読教室では、高速で目を動かして読書します。こうした訓練によって、どんどん視力回復している人が出ているそうです。

こういった無料できる視力回復訓練以外に、視力回復グッズを使った視力矯正トレーニング法もあります。

今流行のマジカルアイなどの立体視や、ピンホールメガネ、ニンテンドーDSなどで発売されている視力ソフトを使った方法です。視力回復機を活用するという手もありますね。

こういった視力矯正法は、それぞれにメリットがあるのですが、なにぶん孤独との戦いになります。持続するのが難しい面があるのです。それは、視力が回復するかも分からないことに、力をそそぐのが難しいためです。

この点、インターネットでは視力回復のマニュアルが販売されています。メールで質問をすれば、丁寧に答えてくれるので、疑問点を引きずらずに解消できます。何よりも視力回復の専門家のアドバイスを得られるのですから、心強いかぎりです。

視力矯正の方法とは?一覧