視力矯正と視力回復手術の情報館

視力矯正の方法や、レーシック手術など、視力回復の情報を公開しています。

サイトトップ > レーザー視力矯正手術〜レーシックなど

レーザー視力矯正手術〜レーシックなど

レーザー視力矯正手術といった場合、レーシックをはじめとして、さまざまな視力回復手術がふくまれます。レーシック手術以外にも、エキシマレーザーを使う眼科の手術は多くあるのです。

まずレーザー視力矯正の代表選手であるレーシックですが、レーシックの特徴は、いったんフラップをつくってからレーザー照射を行なうという点です。

このため手術の工程に手間がかかりますが、そのぶんレーシックの術後にすぐに視力が回復します。厚いフラップによって目の表面が保護されるため、すぐに光学的に安定します。

レーシックは仕事がいそがしいビジネスパーソンで、時間が多く取れない人に向いているのです。2日もあれば十分です。レーシック手術の翌日は、眼科の診察があるからです。そのため遠くから来ている人は、ホテルの手配もしなければなりません。

レーザー視力矯正手術の代名詞であるレーシックですが、いまはレーザーによってフラップを作成する「イントラレーシック」が主流です。ステンレス製のカンナよりも、イントラレース・フェムトセカンドレーザーを使ったほうが、滑らかな切断面を形成できるのは、当然ですよね。

このイントラレーシックが採用されてから、レーシックの後遺症・合併症は激減しました。とくに夜間視力の低下はほとんど解消されています。イントラレーシックはアイレーシックやZレーシックへと進化を続けています。

さてレーザー視力矯正法には、レーシックのほかに角膜表面から直接エキシマレーザーを照射するPRK手術があります。そのほかアルコールでフラップを作成するラゼック(ラセックとも)があります。これらの術式は、角膜実質層を有効利用できるため、角膜が薄い人や強度の近視の人でも、視力改善することができます。

そのほかエキシマレーザーではありませんが、網膜にレーザーを照射して焼き付けるレーザー光凝固術というものがあります。これは糖尿病網膜症の治療や網膜剥離の治療に活用されていますが、これによって眼病がストップすれば、目がよくなることになります。まあ、これは厳密にいえば視力矯正ではありませんが、豆知識ということで・・・。

いずれにしてもレーザー視力矯正手術は、レーシックだけの独占物ではないわけです。強度の近眼だとレーシック手術がうけられませんから、その場合はPRK手術やラセック手術がいいでしょう。エピレーシック手術でも強度の近視に有効です。

視力矯正の方法とは?一覧