視力矯正と視力回復手術の情報館

視力矯正の方法や、レーシック手術など、視力回復の情報を公開しています。

サイトトップ > 視力矯正手術の種類って?〜レーシックやPRK、ラセック

視力矯正手術の種類って?〜レーシックやPRK、ラセック

視力矯正手術ではレーシック手術が有名です。
レーシックといっても、従来型のケラトーム・レーシック、エピレーシック、最新のイントラレーシックといくつかに分類できます。最高峰の手術は、アイレーシックとZレーシックです。

そのほかPRK手術やラゼック手術、フェイキックIOLなどがあります。白内障手術もじつは、白内障と同時に近視や遠視、老眼も視力回復させることが可能です。

しかし水晶体が健全で透明なのに、あえて白内障手術を受ける人はいないでしょう。この方法は、現在白内障である人だけに有効です。

視力矯正手術というのは、たいていエキシマレーザーを角膜に照射します。しかし、レーザーの照射法が違ったり、フラップの作成法が異なったりします。

たとえばレーシック手術は、いったんフラップというフタを作って、エキシマレーザーを照射します。それによって角膜の中央部を削って、近視・近眼を矯正します。遠視の場合は、角膜周辺部を削って、屈折力を強めます。

レーシック手術では、レーザー照射のあと、再びフラップを閉じるので、すぐに視力回復することができます。光学的にも安定します。

この点、ほかの視力矯正手術は、たいていすぐには視力回復しません。なぜならPRK手術では、角膜上皮層のうえから直接エキシマレーザーを当てる表面照射という術式ですし、ラゼックも薄いフラップを作るので、術後は目の表面がでこぼこになるからです。

こういった表面照射の視力矯正手術は、術後に視力が出ず、しばらくは視力が低下した状態になります。なので、治療用コンタクトレンズをしながら、片目ずつ1週間ほどおいてから、もう片方の目の手術を実施します。

フラップが薄いということは、このようにすぐに視力が回復しないというデメリットがありますが、角膜実質層を有効利用できるというメリットがあります。

どういうことかというと、眼科医に角膜が薄いと告げられた人や、強度の近視の人でも、視力を矯正できる道が開かれるということです。フラップが角膜上皮層だけなので、とうぜんですね。これはレーシックのなかでは、唯一エピレーシック手術で可能となっています。

視力矯正手術の主流は、以上のようにエキシマレザーを照射する方法になっています。これ以外に、目のなかに人工の眼内レンズを埋め込む視力矯正手術もあります。たとえばフェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)がそうです。

フェイキックIOLでは、角膜と虹彩のあいだに、薄いレンズを挿入します。これは凹レンズになっているので、網膜の手前で結んでいた焦点が、網膜上まで伸びる性質があります。

ただ眼球内を循環している房水の流れが悪くなるため、虹彩に穴をあける必要があります。そうなると眼房水の流れに変化がでるためか、角膜内皮細胞が減少して死滅するというデメリットがあります。

緑内障の手術で「レーザー虹彩切開術」という治療法がありますが、虹彩に穴を開けると、どうしても角膜内皮細胞が減少してしまうようなのです。

フェイキックIOLは内眼手術であり、切開が必要ですが、視力0.01という強度の近視であっても視力1.2とか、視力1.5にアップすることが可能です。ただし眼球を切開するために、術後に乱視が出現することがあるようです。

視力矯正手術であるフェイキックIOLは、レーシック手術よりもクリアな視界が得られるといわれています。

以上のような視力矯正手術は、フェイキックIOLをのぞいては、いったん削った角膜は戻せないので、慎重に検討することが大切です。

視力矯正の方法とは?一覧