視力矯正と視力回復手術の情報館

視力矯正の方法や、レーシック手術など、視力回復の情報を公開しています。

サイトトップ > オサートで視力矯正〜睡眠中に視力アップ!

オサートで視力矯正〜睡眠中に視力アップ!

オサートで視力矯正する方法とは、基本的にはオルソケラトロジーと同様の原理です。

つまり、就寝前にハードコンタクトレンズを着用すると、睡眠中に角膜の形がかわって屈折率が調整されます。朝起床したときには、視力が回復しているので、日中は裸眼で生活できるわけです。

オサートで視力矯正する方法と従来型のオルソケラトロジーの違いは、オルソkレンズの精度の違いです。従来型はひとつのレンズを作成したら、それだけをずっと使用していきます。

ところがオサートの治療では、何度もレンズを作り変えていきます。そのようにして、少しずつ角膜の形を大きく変形させていくのです。これによってオルソケラトロジーでは不可能であった、強度の近視の視力矯正がオサートになって可能になったのです。

オサートの視力矯正は、このように段階的治療法が特色となっています。そのぶん費用も高額になることになります。70万円くらいかかるといいますから、かなりの支出になります。

そのほかオサートの視力矯正法では、従来型のオルソケラトロジーでは不適応とされていた角膜や結膜の疾患に対しても、適応になっています。

たとえば角膜ヘルペス、円錐角膜、結膜炎であってもオルソkレンズの素材を変更するなどして対応すれば、視力矯正が可能なのです。

視力0.01の強度の近視・近眼の人が、視力1.5とか1.2になるには、オサートの視力矯正法では1年程度かかります。それまでは段階的にレンズを何度も作り変えていきますが、約1年後には、一枚のレンズだけで、角膜を大きく屈折させることができるようになります。

オサートやオルソケラトロジーの視力矯正では、子供の仮性近視の抑制効果があるそうです。つまり本来は視力の矯正治療なのに、視力が回復してしまうこともある、ということですね。

オサートの視力矯正法は、睡眠中にハードコンタクトレンズを着用するために、角膜とレンズとのこすれ、角膜の酸素不足が心配です。眼科医のなかには、否定的な見解を持っている人もいます。

レム睡眠では目が左右に速く動きます。
レンズをはめたまま高速に目が動くわけですから、かなり角膜に傷がつくような気がしますね。しかも睡眠中は涙が分泌されないので、なおさら角膜が危険にさらされます。

オサートで視力矯正できるといわれていますが、リスクがあるわけですね。自宅で視力回復トレーニングを持続していくという選択肢もあるので、最終的にはあなた自身が決めることが大切です。

視力矯正の方法とは?一覧