視力矯正と視力回復手術の情報館

視力矯正の方法や、レーシック手術など、視力回復の情報を公開しています。

サイトトップ > 視力矯正とピンホールメガネ〜軽度の近視には効果的

視力矯正とピンホールメガネ〜軽度の近視には効果的

視力矯正のピンホールメガネを着用すると、目がよくなるというのは本当でしょうか?

ちなみに視力矯正のピンホールメガネとは、小さな穴がいくつか開いた眼鏡です。たくさん穴があるタイプもあれば、少ししかあいていないタイプもあります。

色は黒や青、緑とさまざまです。

視力矯正ピンホールメガネは、自宅での使用に向いています。
外出先では、どうしても違和感があるからです。遠目にはサングラスに見えますが・・・。

自宅にいるときに視力矯正できるピンホールメガネを装用していれば、目の毛様体筋の緊張を解消して、目の疲れをとることができます。それは目を細めることと同様で、目の調節をしなくても、ものを見ることができるからです。

ピンホールメガネは視力アップアイグラスという名称でも、呼ばれることがあります。ピンホールメガネの小さな穴からの一筋の光は、水晶体の収差の影響を受けずに、網膜まで一直線に届きます。屈折の影響をうけないわけですね。

そのため毛様体筋がそれほど緊張しなくても、手もとが見えたりします。しかも視力矯正用のピンホールメガネをかけると、遠くも見えるので、一石二鳥ですね。

ただピンホールメガネで視力を矯正できるといっても、本を読むときには、少し邪魔になります。まあ、慣れてくれば気にならないでしょう。

視力矯正ピンホールメガネは、通常の近視用眼鏡や遠視用眼鏡の代わりとして活用できます。少なくとも自宅や室内では、このピンホールメガネをかければ、近眼の度の進行が押さえられます。

視力矯正ピンホールは、毛様体筋の休息とともに、虹彩筋のトレーニングにもなります。目を動かせば、当然外眼筋のトレーニングにもなります。

ピンホールメガネは、仮性近視や屈折性近視には有効でしょう。なぜなら初期の近視の視力低下の原因は、毛様体筋の緊張とコリにあり、この視力回復グッズによって、そのコリを解消できるからです。

視力0.1以下とか、ましてや視力0.01というような強度の近視になると、視力低下の原因は眼軸の伸びにあります。つまり眼球が楕円状に縦に伸びていることが目が悪いことの原因です。そのため毛様体筋の緊張を解消できるピンホールグッズでは、対処できないのです。

結局視力矯正ピンホール眼鏡だけにたよるのではなく、これ以外に有効な視力回復トレーニングを並行して行なうことが大切ではないでしょうか?

視力矯正の方法とは?一覧